「病気」タグアーカイブ

桃…ありがとう

花ママさんから頂いた写真です。毎年春に桜をバックにした桃の写真を送ってくださいました。
花ママさんから頂いた写真です。毎年春に桜をバックにした桃の写真を送ってくださいました。

2013年7月3日
午前8時50分

しずくの子として産まれ、
花パパさん花ママさん家に巣立って行った桃(幼名ちびこ)が
永眠しました。

ヘルニアの合併症
脊髄軟化症でした。

大好きな花ママさんの腕の中で
お空へ旅立って行きました。

20130703_7

桃が急性ヘルニアで手術をしたと連絡を頂いたのは6月23日。
私に心配かけないようにとの花ママさんのお心遣いで、
手術後にご連絡下さいました。

手術は問題なく終わり、一週間の入院後のリハビリを頑張れば
きっと生活に不自由ないぐらいに歩けるようになると
獣医師に言われたそうです。

その後も、食欲もあるし持ち前の明るさを振りまいて
元気いっぱいだったのですが…

20130703_120130703_2

急変したのは6月28日金曜日でした。

食欲もなくなり、
前足も動かなくなったそうで…

急遽CT検査などをしてみた結果、
脊髄軟化症を発症していたそうです。

20130703_320130703_4

脊髄軟化症は、
ヘルニアによって脊髄を圧迫した所を起点に
どんどん脊髄が溶けていく病気で、
今のところ治療法はありません。

痛みが激しい上に、
発症したら早いコで3日、長くても一週間で
死に至るとても悲しく残酷な病気です。

ヘルニアになったコの約5%が発症するらしいのです。
……その5%の中に、なぜ桃が……

もう…ほんと、こんな病気があることが悲しいです。

20130703_8

3日の晩、桃に会いに行ってきました。

可愛かった桃は、そのまんま可愛いままでした。

死後硬直で硬く冷たくなった桃……
いっぱいいっぱい撫でてきました。

いっぱい撫でたら、温まってまた生き返るんじゃないかって
アホみたいなこと思ったりして。

20130703_520130703_6

桃は我が家にいた頃から、太陽の様に明るい性格でした。
そして、まるで末っ子のように甘えたでした。

優しい花パパさんと花ママさん。
そして先住犬の花ちゃんが、まるで本当の母犬のように桃の面倒を見てくれて
こんなにも桃にピッタリのお家は無いかも〜ってほど。

桃は最期まで幸せいっぱいでした。

花パパさん
花ママさん
本当に本当にありがとうございました。

花ちゃん、そっちで桃をまた…よろしくね。

定期検診に行ったら…

20130224_2

定期検診とリハビリに行ってきました〜。

せっせせっせとスロープ(けっこう急w)を登り2Fの待合室に着くと、初めてお顔を拝見する看護師さんが…。
しかも、みゃとディルを確認するとすかさず「ディルくん!」と声をかけて下さいました。

で、すぐにピン!と来ましたやん。
「あ!しゅう家のお知り合いの看護師さん!」
しかもウチのブログも見て下さってるのだそうな…。ありがとうございますぅ〜happy01.gif

 

そして、今日は看護師さんが居て下さったおかげで
ディルの膀胱炎発覚!!weep.gif

膀胱炎のツーンとした匂いで気付いて下さったのでした。
私は、以前の膀胱炎で鉄分を含んだような匂いがしたな〜とは覚えてたんですが
今日の匂いはいつもと変わらないような気がしてました。

本当に感謝感謝ですー。
今日検診に来てなかったら、私が気付いたのはもっと酷くなってからに違いないshock.gif
ああ、来てて良かった〜。
そして看護師さんが居て下さってよかった〜。

 

カラダが麻痺すると、膀胱炎になりやすい。
コレは分かってたハズ。
油断したなあ……。

もっと対策を考えねばです。

 

20130224_1

そしてDMの定期検診では、右後脚の筋肉量が少し減ったぐらいで特に変わってませんでした。
1月にどーんと前脚の麻痺が進んでから、少し落ち着いたのならイイなー。

 

最後に、マッサージ&リハビリ

優しい理学療法士さんにホットパックでマッサージしてもらってぽわ〜ん…catface.gif
でも、その後のリハビリでぐらぐら揺れる台の上に乗せられてドキドキcoldsweats02.gif (笑)

 

ディルお疲れさーん。
膀胱炎、早く治そうね。

気管支炎だそぅな…

一夜明けて20日の朝。

お腹もすいてるだろうし
ノドも乾いてるはず。

まずはバナナはどう???

……パクッ!!

おおおおおお〜〜〜食べたぁ〜!
じゃお水はどう?

……ピチャピチャピチャピチャ

おおおおお〜〜〜飲んだぁ〜!

良かった良かった良かったよぉ。
もうホッと一息。

これで気持ちも軽〜く、夜間動物病院で書いて頂いた診察結果を持って
かかりつけの獣医師んトコに行ってきました。

いつもの病院で。まだちょっと目が虚ろ…。
いつもの病院で。まだちょっと目が虚ろ…。

 

「うーん、微かにゼェゼェと聞こえますねー。
息も早いし…うーん…。
ディルくーん、もっかいレントゲン撮らせてね〜」

と、またまた奥へ連れて行かれるディルさん。
でも、大好きな奥さん先生なので昨日よりリラックス。

 

結果、右肺にほんの少しだけ白い陰があるのと、少し潰れてるらしいのと。
左肺はキレイなんだそうです。
きのう気管にあったガスはなくなってました。

 

白い陰はたぶん気管支炎。
ただ少し潰れてるので、そのせいで白いのかもと。

潰れてるのは、寝たきりになってから右を下にして寝る事が多いからかも…だそうです。
もっとコマメに左を下にしたり、仰向けにしたり、うつ伏せにしたり変えてやらなきゃですね。

書いてる本日。だいぶ元気なりました〜!
書いてる本日(21日)。だいぶ元気なりました〜!

 

教訓。

「DMにこだわりすぎるなっちゅうねん。」

ついつい、何でもかんでもDMと結びつけてしまって
今回は気管支炎という病気に気づかないままになるとこでした。
このまま放置してたら肺炎へ進んだかも。
やっぱり、いつもと違う症状が出たら、病院で確認するべきですなあ…。

ただ、ほんと、飼い主的に判断が難しいです。
DMも後期になってくると、それぞれで麻痺の症状が変わってくるし
獣医師でさえ、まだ分からない部分の多い病気なので。

やっぱり、毎日よくよく観察することが一番重要ですねぇ。

 

コレ書いてる本日、
ゴハンはいつもの食いつきが戻ってきました。
まだ車椅子での散歩は控えてますが、
この調子でどんどん回復して欲しい〜!

お騒がせな2日間でした。
ほんと、スミマセンcoldsweats01.gif

初の夜間動物病院

18日の日記で「そろそろノドに麻痺が…」てな事を書いてしもたわけですが (^_^;
どうやら咳が出て声が出にくかったのは、そればかりで無かったようです〜。

 

事の発端は19日の夜、22時頃に始まったのでした。

「ディルがリンゴ食べない!!」

いつもなら、晩ゴハン直後のお腹パンパン状態であろーが何であろーが
果物を見たら目がキラキラキラキラshine.gifてなるんです。

それが、ニオイをくんくんとしたあと「いらない……」ってソッポ向くんですよ。

ありえなーい!!
ディルがリンゴ欲しがらないなんて絶対ありえない!!

じゃあじゃあ、すりおろしたら食べる???……いらない……プイッ
じゃあじゃあ、ハチミツ混ぜたら食べる???……いらない……プイッ
じゃあじゃあ、黒蜜とかどおどお???……ペロッとひとなめして……プイッ

ありえなーい!!
ディルが甘いものも要らないなんて絶対にありえない!!

これは18日の撮影。この虚ろな感じはしんどかったんやあ… (ノ_;)
これは18日の撮影。この虚ろな感じはしんどかったんやあ… (ノ_;)

 

相変わらず咳が出て、そのあと何かつっかえモノを取るようにゲーッ!!ってする。
そして、小さくプルプルプルプルと震えてる。
目に力も無くなってるようにも見える。

何だか理由が分からないまま、とにかく熱を測るけど、熱はなし。
唇をめくって、歯茎や舌の色を見てみるけど、普通にピンク色。

寒いの?震えるのは寒いの寒いの???
ひたすら全身をマッサージ。ごしごしごしごし……。

 

ごしごししてる間、貧弱な脳みそがめいいっぱい働いて、
どんどん不安な想像が駆け巡る(その間、約2時間。休憩含む)。

想像以上に麻痺がノドに来てて、ノドに詰まった何かが取れない?
それとも、寒いとしたら風邪?肺炎?
DMがそうさせる?
でも確かにDMって症状が急降下するけど、ま、まだ早い!まだ前脚が動くし、まだ早いー。

そんな事してる間にも
ケホッ、ケホッ、ケホッ、ケホッ……ゲーッ!!!

風邪なら明日まで待って病院行っても大丈夫かもしれないけど
何かが詰まってるとしたら、すぐに病院行かなきゃsweat01.gif

確かウチの近くに夜間に開いてる動物病院があったはず。
連れて行きましたよ、夜間動物病院。
夜間料金の為のお金いっぱい持って(笑)

 

「とにかくレントゲン撮ってみましょうね。」

と思いっきり落ち着いた口調の獣医師。
た、大した事ないのかも…coldsweats01.gif

結果、食べ物はちゃーんと胃の中に全部はいってました。
レントゲン写真にいーっぱい食べ物詰まった胃が写ってましたやん。
ただ、少しばかり気道にガス。

 

どどど、どうやら緊急を要するものでは無かったようですー。
お、お騒がせしました………despair.gif

ただ、吠えても声が出ない、咳が出る、の症状から
風邪ひいてノドが腫れてるのは確実だそうで、
炎症止めの注射をしてもらいました。

 

麻痺がノドに来て、違和感あるから咳をしてるんじゃなくて……
か、風邪だったのか……。

 

家に帰って暫くすると、
さっきまでのグッタリ感が少しマシになって
自分で頭をあっちこっちに動かすようになりました。

炎症がしんどかったのかなあ。
注射で楽になったのかなあ。

夜間動物病院の獣医師とのお約束、
とにかく明日は主治医のトコに行ってきます。

胃〜悪いねん( >_<。

内容とは全く関係ないけどゲロの写真載せるのもアレなんで、まっちょに頂いたパンジーが満開なったんで。
しずやんさん、お昼の3時ごろゲロゲロ〜typhoon.gif

吐き戻しかな〜?と思ってたら

4時過ぎにまだゲロゲロ〜typhoon.giftyphoon.gif

んんっ。ヤバい?明日まで様子見る?どうする?

とか思ってたら、5時すぎにまたゲロゲロ〜typhoon.giftyphoon.giftyphoon.gif

ありゃりゃ、これはイカンと動物病院へrvcar.gif
このところディルのDMで行くコトが多かったので、久しぶりにフツーにお薬で治りそうな病気で動物病院に来たな〜て気がするcoldsweats01.gif

こないだエコーとレントゲン撮ったとこやし、急に大きな病気になるわけも無いので、ちょっとした「胃炎」てコトでしたよ。
オシリにぶちゅっと注射されとりましたよsmile.gif

これも関係ないけどゲロの写真載せるのもアレなんで、こないだ食べたグラマシーニューヨークの櫻ロール。めちゃ美味かった。

で、しずくの治療は終わりなんやけど、ついついディルのDM話をしてまうんですね〜sweat01.gif
今日は以前から気になってた、下半身が完全に麻痺してからの排泄する方法を聞きましたです。
その頃のディルが自力で排泄できるのか、それとも出来ないのかは、その時になってみないと分からんですけど…、一応今のウチに教えて頂きました。

背中に親指を当てて、残りの指でお腹を持ち上げるように押す感じでしょうか〜。
まったく関係ないのに、しずやんさんをモデルにして教えてもらったですよcoldsweats01.gifごめんごめん、しずく。
だけど、一応教えてもらったものの…実際にその時になってみないと、体勢やらが分からないですね…。
もしかして、もう一度教えてもらうコトになるかも。
二度手間ですんませ〜ん。

で、しずやんさん。
フツーにお薬で治りました〜scissors.gif