「椎間板ヘルニア」タグアーカイブ

実は初めてだったり

散歩の通常コースだと、とにかくテンションdown.gifdown.gifdown.gif…なディルしずく。
変性性脊髄症(DM)の症状をなるべく遅らせるためには、たくさん運動するべしsign03.gif

のはずやのに。
歩かないー。とにかくとにかく歩かないーsweat02.gif

このままでは筋肉が落ちる一方。
ボール遊びもしたがらないディルを歩かせるには、どっか広い公園に行くしかない。

てなわけで、来ましたよ。
大阪城公園〜maple.gif
ココ、うちの家からそない遠くない。
なのに、実はディルしずくを連れて来るのは初めてcoldsweats01.gif
なんでやろ〜。なんで今まで連れて来んかったんやろな〜笑

紅葉が半分ぐらい進んだ大阪城公園、なかなかキレイ。
ノンビリと徒歩運動するにはイイ場所かも。
ただジョギングを「マジ」でしてる人が多いので、注意しながら散歩するのがいいみたい。
あのスピードはジョギングっちゅうか…マラソン?みたいなsweat01.gif

大阪城公園の後は主治医のところへ。
今日は、SOD1遺伝子検査と血液バイオマーカーのための採血と、もしも効果があるなら…と思ってのレーザー治療。
検査費用は研究の為もあって無料〜(ただし、採血料と送料は必要っす。そしてバイオマーカーの方はいつ結果が来るか全く分からないんだそーなcoldsweats01.gif)。

DMのSOD1遺伝子検査についてはコチラをご覧下さい→ウェルシュ・コーギーの変性性脊髄症

研究の為もあってか、なんかすごい書類の束!
飼い主が目を通すものじゃないので見てないけど。
色々と質問事項があって、

○毎日の散歩時間
○産まれてから食べてきたフードの名前
○血統書のコピー

とかが必要でしたよ。
それと強制では無いけれど…「献体」のことも話をされた。

今後のコギさん達の為には、とは思う。
でも飼い主としてはー
脊髄の研究なので恐らく背骨を砕くことになるかもって。
それより何より、お葬式してあげられない。
うーん…まだ少し時間あると思うから、よくよく考えてみよう。

そして、レーザー治療。
こちらは椎間板ヘルニアの治療のために。
背中に光を当てるだけのものなので、痛くはないけどちょこっと熱いみたいspa.gif
効果の程度は個体差があるみたいなので、来週もう一度レーザーを当ててみて効果無いようなら終了sweat01.gif
少しでも「何か」に効果があればいいなー。

コーギーだということ

今日の大阪は、キレイに晴れて気温もまあまあ丁度良くて、気持ちのイイ天気ー。
外出したい気分にもなったけど、意外と疲れてるようで椅子に座ってしまうと動けないーsweat01.gif
こんぐらいで……ほんま歳やな……。

なわけで、こんぐらいな疲れの原因。一昨日のおはなしです。
すんごい長文ですが、良かったら読んだって下さい。

カートの中で寝る。暇やし。

とにかく朝から落ち着かない。
麻酔をかけて検査するってんで、嫌な想像しては妙にドキドキする心臓。
ほんま嫌やわー。麻酔は嫌ー。
といっても検査せんことには、これからディル生活をどうするのかの判断もつけられん。だから耐えるのだ。と自分に言い聞かせて、とにかく出発。

まずは行きつけの病院へ、紹介状とX線写真を受け取りに行くー。
主治医の先生に「気をつけて行ってきて下さい。麻酔はきっと大丈夫ですよclover.gif」と声をかけられた。
妙にドキドキしてるのが表情に出てたかな。

ネオベッツVRセンターは一方通行の細い路地を入ったところにあった。
駐車場は10台ほど停められるけど、満車に近い。
……隅っこしか空いてへんやん。停めにくいーっcrying.gif

待合室ー

早めに到着したので、予約時間まで待合室で問診票書いたりテレビ観ながら待つ。
ディルはカートの中でウトウト。カート持って来てて良かったー。床が冷たそうだったし、寝るには冷えそう。
同じように待合室にいた他の飼い主さんたちに何やら同情的な表情で見られてるような気がしたんやけど、もしかしてカートで横になってたから???めっちゃ重症なコギに見えたんだろうか。違うんやけど。まあいいやcoldsweats01.gif

そうこうするうちに、呼ばれる。
心臓の音、耳の中、歯、目、と診察し、そして狭い診察室の中を歩かせてみる。
意外としっかり歩くディル。
なんだー?今日は調子いいのか?coldsweats01.gif
ビデオを撮られてたからか?何カッコつけてんねんsign03.gif

その後、背中の毛を引っ張ってみたり軽く叩いてみて…うーん。
関節あたりをコンコンと叩いてみて…うーん。
ディルを抱き上げて、後ろ足だけを診察台に引っ掛けてみて…うーん。
後ろ足のパッドの中に親指を差し込んで引っ張って…うーん。
怖がってすぐ私の脇腹あたりに顔をつっこんでくるディルをなだめながら、私はふぅーん?

で、MRI撮影説明書を読んで、
サインして、
麻酔の説明も受けて
「あー麻酔やだやだー」と思いながらも了解。

いよいよディルは奥へ……
と思ったら、看護士さんに「あの、カートお借りしていいですか?そのまま連れて行った方が良いと思いまして…」と言われる。

あー、はいはい。どうぞどうぞ。
暴れる時ありますからね、こやつは。
その方が安心だし、どそどぞ。

てなわけで、しっかりキャノピーも閉めて、本当にいよいよディルは奥の方へ。
が、頑張れよ〜ディル〜!!
ちゃんと戻ってくるんやで〜!!
とか言って見送る暇もなく、さっさと奥へ連れてかれてしもたーsweat02.gif

「検査はだいたい1時間ぐらいです。その頃にはコチラへ戻って来て下さい」と。

1時間???
そんなもん???
3時間ぐらいはかかるのかと思ってたー。
だから周囲の飲食店もチェックして、行きたいお店もリストアップしてきたのに。
(嬢にディルは麻酔して検査してるってのに、お母さんは優雅にランチするんか?!と責められる。い、いいやん…ゴハンぐらい…しかも優雅って…680円のランチやん)

そんなわけで、優雅にランチしてて遅れたら困るので
結局コンビニでサンドイッチと紅茶を買って、車の中で食べることに……。

約1時間後、呼ばれる。
普通に呼ばれたから、ディルは無事に目覚めたんかな。
そーやね、たぶん。
ああ…良かった良かったよー。

MRIの画像を見せてもらう。
縦切りディルと、輪切りディル。うほーこんななっとんのか〜とマジマジ眺めてみる。

胸あたりは真っすぐでキレイだけど
腰あたりは変形してる。
これは椎間板ヘルニアなんだそーだ。

しかし、ディルの症状はヘルニアのみでは無く、
「椎間板ヘルニアと変性性脊髄症の両方であると言う方が妥当でしょう…」
なんだそーだ。

ヘルニアと見られる箇所の周囲の皮膚を刺激しても、痛がったり、反応が鈍い、などの症状がないこと。
ということは…
ヘルニアが原因で麻痺を起こしているとは考えにくい。

これらの症状に加えて…

コーギーだということ

も含めて考えてみれば、両方という結果になるのだそーだ。
それじゃヘルニアの治療をしたら、少しでも良くなるんだろうか?
とも思って治療の種類も聞いてきたけど、長くなるからそれはまた次の日記で…。

先生の説明が終わって待合室で待っていると
ディルがカートに乗って、やっぱりキャノピーをしっかり閉じられた状態で登場〜。
お、笑っとるsmile.gif
何とも無さそうやん。元気そうやん。
お腹すいたやろ〜。12時間前から絶食、6時間前から絶水やもんなあ。はよ家帰って何か食べよな〜。

…と思ったがしかし、麻酔の後なので
お水は20時から少しずつ。
ゴハンは22時にいつもの半分との指示。

か、可哀想にcoldsweats01.gif
頑張れ。それまで耐えるんやで〜。

そのまま家に帰ろうかと思ったけど、X線写真とMRIの画像DVDを行きつけの病院に持って行かねばならんので、そのまま主治医の先生の所へ。
VRセンターではナゼか渋られてしまった遺伝子の検査、主治医の先生の方から出して頂けることにhappy01.gif
今日はディルも疲れてるだろうから、それはまた落ち着いてからお願いします…と言って、やっとこさ帰路。

すまん、ディル。
みゃはお腹空いたから、帰ったら何か食べさしてもらうで。

しずく、怒っとります

どっちもです。

玉造のネオベッツVRセンターでMRIでの検査を受けてきました。
詳しく書きたいんですが、今ものごーっつい眠気が襲ってきております……gawk.gifsleepy.gif
なのでスミマセン結果だけお知らせします。

軽いヘルニアと変性性脊髄症(DM)の両方ってことでした。

DMは予想通りだったので、特に驚いたりショックを受けたりもなく意外にすんなりと受け入れることができましたー。
逆にヘルニアは初めて言われたので、こっちの方が少しショックだったかもしれませんsweat01.gif

ご心配くださった皆様、本当にありがとうございました。
これからやって来る「介護」というものが、いったいどれほどのものなのか…今はまだよく分かってないのですが、なるべく、のんびりゆったりした気持ちで、ディルの残りの犬生を一緒に過ごして行きたいと思います。

今日のことは、明日か明後日に詳しく書きたいと思ってます。
よかったら、また見に来てください。

とりあえず、寝ますっnight.gif
ディルしずくも、はよー寝床に連れてけ〜!と、さっきから催促してますcoldsweats01.gif
おやすみなさいー。