やめんかい!

昨日、いつか起こらなきゃいいけどな。。。
と思っていたことが、ついに起こった。
時々日記に登場する東隣のラッキー君。彼はいわゆる縦長3階建て住宅の車庫に住んでいる。車庫にはシャッターも扉もなにもない。入ろうと思えば簡単に入って行ける。そういう場所に彼はリードで繋がれている。

ラッキー君の家族は外出中だった。
もちろん、彼はお留守番。
お昼過ぎ、いつものごとく「わぉ~んわおんわおん」という声が。
しかし、いつもより長い。いつまで経っても「わおんわおんわおん!!」
???と思って覗いてみると、小学生の男の子二人がラッキー君をおちょくっておった(怒)
ラッキー君が「わんわんわんわんわん!!」と吠えると
二人が「わんわんわんわんわわわん!!」と返す。
しばらくこれが続いていた。

ムカムカする気持ちを抑えて、二人が帰って行くのを待っていたけど
帰るどころかだんだんエスカレートして、ついにはラッキー君に石を投げ出した。
くあ~っっっ!やっぱりこうなるのか!!
一個や二個ではなく、かなりたくさん投げている。

次の瞬間「くおらああああぁぁぁぁ~~~~!!!」というおばはんの叫び声が町内に響き渡ったのは言うまでもない(笑)

庭があって垣根があるお家の外飼いなら、ここまでの事にはならんと思う。
こんなオープンな場所だから、いつかは……と思っていた。悪ガキというのは、本当に何するかわからんのだ(いや、小学生だけとは限らんけど)。
東隣のお宅とは実はまだ話をしたことがない(引っ越して来られてから約1年)。
その後のラッキー君がどうなったのか聞いてみたい気もするんやけど…。ケガしてなきゃいいのになあ。これを機会に私の方から話しかけてみるかな~~~。けど、犬の飼い方で話が合うとは思えんのやけど。。。